**/ ?>

例タイプ1: 設置するだけタイプ

サーバーにUPするだけのタイプ


 ここでは、 テンプレートをプルダウンで変更できる プラグイン:templateswitch_XH の導入~

  1. templateswitch_XH の配布先へ よく読んで ダウンロード

     ドイツ語ですが(汗

  2. 解凍 



  3. フォルダ丸ごとUP! の前に 
    動作が変になった時に削除できるように中身を確認すること

    確認して わかることは
    ●サーバーにUPしても上書きさるファイルはない・・上書きされるファイルがあれば、そのバックアップをとる
    ●動作がおかしくなったら templateswitchフォルダ を削除すれば 良さそう 
    ●日本語ファイル ja が無いが、英語ファイル en がある

     ※ja.php を作っておく
      日本語用に 他の言語ファイルをコピーする
      plugins/templateswitch/languages/en.php --> ・・・・/ja.php


    CMSimpleRoot   
    ├ content    
    │ └ plugins     
    │    └ templateswitch   
    │       └ hidden_templates.txt
    └ plugins               
       └ templateswitch  
          ├ config       
          │ └ config.php
          ├ css         
          │ └ stylesheet.css    
          ├ help         
          │ ├ help.htm  
          │ └ help_ja.htm  (日本語のヘルプファイル。無ければhelp.htmが表示されます)
          ├ languages  
          │ ├ de.php  
          │ ├ default.php
          │ ├ en.php   
          │ ├ ja.php (en.phpの複製を作る。自動で作成されます) 
          │ └ sk.php   
          ├ admin.php   
          └ index.php  

       

    ※UP後、アクセス権に書き込み権限を加えるファイルもあるが
     警告がでるので、その時にやればいいです
     en.php、config.php、stylesheet.css (と、hidden_templates.txt)


    content ---> content
    plugins ---> plugins   にUP 


4: 動作確認

5:管理画面 > プラグイン管理 のプルダウンから それらしいのを探す
   

6:プラグイン固有の、設定、言語、ヘルプ などのメニューが表示される
  書き込めない! 、アクセス権がない! の類のメッセージが出たら、
  メッセージとともに表示される対象ファイル(フォルダ)に書き込み権限 646 666 等にする

 

導入サンプル  http://cmsimple-jp.org/xh_so/