2つのCMSimpleとその歴史


CMSimpleは、2009年に誕生しその後、Ver3で停滞。その間、数個の派生したバージョンが誕生しました。

CMSimpleそのものは、単純な機能しかなく、多くの機能は後からプラグインで追加し使い易くするため、プラグインの組み合わせたパッケージされた形でも何種類か存在します。

テンプレートによっては、CMSimple+関係するプラグイン+テンプレートを1つにまとめたパッケージとして配布してる場合もあります。

日本で普及しなかった最大の原因は、文字化けです。
当初のCMSimpleは、言語がShift-JISコードであったため、克服できない文字化けが多発しました。

Shift-JISの問題を解決するため、UTF-8化を目指し台湾でtwCMSimple,ドイツでCMSimple_XH
iso-8859-1コード化を目指した 国はわかりませんがEUで、CMSimpleClassicがあります

 


2012年11月 CMSimple_XHの開発メンバーの一人(Gert Ebersbachさん)が、本家ドメインを取得し、CMSimple_XH1.5. をベースに、プラグインを追加し、2012年1月よりCMSimple Ver4 としリリースしました。

現状、CMSimple_XH系が実質、CMSimpleの本流となりました。

 

2つの大きなCMSimple

 CMSimple_XH Ver1.5.3 から派生した CMSimpleVer4系(org版) と
 CMSimple_XH(XH版) の流れと 大きく2つあります。

org版とXH版は、互換性はありますので相互に移行は容易です。(2012/02現在)
 徐々に離れてます(2016/02)
※org版は、XHにプラグインを組み合わせ更に使いやすくしたXHのパッケージとも言えます。

PS)
欧州の方々は、どっちが本流か? 本筋か? には、あまり興味は持たないようです。
あくまでも何を作るか?が重要であって、CMSはただの道具の1つ程度のなのでしょう。
観方を変えれば、

CMSimpleは多少の違いを気にする必要もないほど
簡単で使い易いCMS
 

とも言えます

 

このサイトは、 当面の間、CMSimpleVer4系となります。
おそらく 徐々にですが、CMSimple_XH寄りに 流れを変えことになるかも知れません

CMSimpleについて
現時点では、新旧が入り混じってる状態です。
新CMSimple(=CMSimpleVer4=CMSimple_XH)で動作確認・推奨されてテンプレート、プラグインは  _XH_Xh をファイル名につけて区別するようです。

 

 【ついでに】
CMSimple(Ver4 = CMSimple_XH系)の流れを組むものとして

wordpress で言う
  投稿(ブログ)が、CMSimpleRealBlog
  固定ページが、CMSimple
  マルチサイトが、CMSimpleCoAuthors ってとこでしょうか..

参考) CMSimple - Wikipedia