4.3.6 多言語サイト

CMSimple_XHバージョン1.6.x以降、多言語に対応したウェブサイトにして、小さな国旗記号で「主言語」と異なる言語(英語など)に切り替えることもできます。

多言語化機能は、コンテツだけでなく、メニューや設定(Ex.タイムゾーン)まで多言語対応できます。
 と、言っても自動翻訳でありませんので、作業はその分、掛かります

2lang/ フォルダを利用します。また、 多言語サイト化しない場合は、2lang/ フォルダは、サーバーに設置・配置・アップロードする必要はありません

第2言語「英語」の例

  • 英語に対応した 2文字の言語コード(ISO 639-1コード)を調べる 英語なので en
  • サーバにアップロードする
    • 2lang/.2lang  ⇒ en/.2lang
    • 2lang/index.php ⇒ en/index.php
    • 2lang/content/content.htm  ⇒  content/en/content.htm
    • 2lang/content/.htaccess   ⇒  content/en/.htaccess
  • content/en/content.htmのパーミッションの確認
  • 言語切り替えの旗が表示されない場合は、テンプレートに下記を適当な行に記述する。
    <?php echo languagemenu();?>
  1. 2文字の言語コード(ISO 639-1コード)を調べる 英語なので en
  2. サーバー側に en フォルダを作成 
  3. パソコンから FTPを使用して 
    • 2lang/フォルダの.2lang を en/.2lang
    • 2lang/フォルダのindex.php を en/index.php としてアップロード
  4. サーバー側の contenten フォルダにen フォルダを作成
  5. パソコンから FTPを使用して
    • 2lang/contentフォルダのcontent.htm を contenten/en/content.htm

      最初に主言語(日本語)である程度のサイトを作成し、その後、contenten/content.htm PCにダウンロード、そして、それをcontenten/en/content.htmとしてアップロード、翻訳するもの1つの方法です

    • 2lang/contentフォルダのindex.php を contenten/en/index.php としてアップロード
  6. 第2または第3言語のディレクトリおよびファイルについては、「 サーバ上の初期構成/構成 」と同様に、書き込みおよびアクセス権を考慮する必要があります 。
  7. テンプレートに 下記のコードを追加 
    <?php echo languagemenu();?>
     
    追加場所は、各々ですが、 <?php echo content();?>の前が適当と思います
  • 国旗の画像は
    userfiles/images/flags 以下
    もしくは
    templates//flags 以下 に用意・・templates//flags以下が優先されます(CMSimple_XH Ver1.7~)
  • 国旗の画像サイズ Ver1.7より 32×24 へ変更となりました GIF画像 (旧は:18×12 )
  • 異なる言語の内容は互いに独立しています。 コンテンツの1対1の翻訳が望まれる場合、ユーザ(ウェブサイトのコンテンツ担当者)がこれを確実に(例えば手動翻訳で)保証しなければならないことを意味する。
  • 異なる言語のテンプレートに違いがない場合、またはわずかな違いがある場合は、通常、これを1つのテンプレートで実現できます。 いくつかのテクニックはWikiに記述されています。
  • CMSimple_XH 1.6以降、パスワードは、主要言語と共通です
  • 管理画面でのページ管理は、編集用の他の言語にも適用されます。
  • CMSimple_XH 1.5に含まれるXHサブサイト機能は、CMSimple_XHバージョン1.6以降は廃止されました。
  • ローカリゼーション、多言語Webサイト、およびデフォルト言語ファイルの詳細については、 CMSimple_XH WiKiを参照してください。
コメントを入力:
1O3  -  1 = ?