RealBlog_XH

{{{Realblog_blog();}}} 

 

初音ミク

2015/12/08

音源
歌声の入力が可能なシーケンスソフトに用いられるピアノロール表示の例[注 1]。初音ミクのVOCALOID Editorは図のものと同様、ピアノロールの音符の中に歌詞を入力することで歌を表現する。
「VOCALOID」も参照

ボーカル音源ソフトとしての初音ミクは、2007年8月31日にVOCALOID2対応の最初の製品が発売され、その後2010年4月30日に表情付けの異なる6つの歌声を収録した拡張音源パック『初音ミク・アペンド(MIKU APPEND)』が、2013年8月31日に最新のVOCALOID3に対応した英語用の歌声を収録した『初音ミクV3 English』が発売された。2013年9月26日に日本語用の歌声5つを収録した『初音ミクV3』と、それに『初音ミクV3 English』の歌声も収録した『初音ミクV3バンドル』が発売された[6]。VOCALOID2版の製品はWindows専用で、『初音ミクV3 English』からはWindows/Macintoshの両対応となっている[6]。

CVシリーズでは、歌手ライブラリのベース音声に音楽業界関係者からの起用が順調にできなかったという事情や特徴ある声を求める狙いなどから[1][7]声優の音声を収録しており、初音ミクでは藤田咲が起用されている。クリプトンは、初音ミクを制作するに当たり約500人の声優の声を聴きこみVOCALOID2に適しかつかわいらしい声であることを基準に藤田を選んだという[7]。なお選定に当たっては演じてきたキャラクターのイメージの影響を受ける懸念から有名声優は避けられており[7]、藤田は当時とりたてて有名だったわけではなくむしろ初音ミクに声を提供したことで名が知られた[8]。藤田の声はVOCALOIDの仕組みとの相性が良いと言い[9]、初音ミクはVOCALOID製品の中でも扱いが容易な製品となっている[10]。音声には得意な曲のジャンルやテンポや音域(プロフィールを参照)が設定されているが、これらはあくまで目安であり、実際は非常に広い範囲で歌えるとしている[11][12]。ただし、他のVOCALOID製品同様、歌唱に特化した音声合成ソフトウェアであるため台詞を歌劇のように歌わせることは容易でも自然に「喋らせる」ことには対応していない[注 2]。

初音ミク
    2007年8月31日に最初に発売された音源は、当時最新バージョンの「VOCALOID2」エンジンを採用した初めての日本語用ソフトであり、新エンジンの採用によりそれまでのVOCALOIDシリーズと比べより自然な歌声が合成できた。発売直後より初音ミクにより作成された楽曲やキャラクターイメージを用いた動画がニコニコ動画をはじめとする動画投稿サイトに次々と投稿されたことで人気に火がつき、DTMソフトウェアとしては異例のヒット商品となった。DTMソフトウェアのジャンルでは年間1,000本売れれば大ヒットとされるが発売後2週間だけで3,500-4000本の売れ行きを見せた[14]。発売から3週間後にはサウンド関連ソフト内での1週間の販売シェア(BCNによる集計、楽器店やネット通販の売上げ数は含まれない)が30%を超え[15]、最も高い時期には60%以上を占めた[16]。体験版を収録した「DTMマガジン」(寺島情報企画)2007年11月号は通常より相当数を発行したにもかかわらず3日で完売したうえ、一時ネットオークションで高騰する事態となった[14]。その後、発売から約1年後の2008年9月までに累計で約4万2000本の売り上げを記録している[17]。なお、こうした売り上げには、実際の音楽製作に使用しないキャラクターのファンとしての購入者によるものも多くを占めるとされる[17]。
初音ミク・アペンド
    2010年4月に発売されたVOCALOID2版初音ミクの拡張音源。VOCALOID2版初音ミクのパッケージに収録されている音声ライブラリは1つであるが、『初音ミク・アペンド』では、それぞれ表情付けの異なる追加音声「Sweet」、「Dark」、「Soft」、「Light」、「Vivid」、「Solid」の6つのライブラリが提供され[注 3]、VOCALOID2対応の初音ミクのライブラリは、合計7種類が提供された[22]。なお、『初音ミク・アペンド』を使用するにはVOCALOID2版初音ミクがインストールされている必要があり、アペンドのみで使用することは出来ない[22]。
初音ミクV3 English
    2013年8月31日に発売されたVOCALOID3用の英語用音源[6]。Windows/Macintoshの両対応となった。クリプトン自社開発のボーカルエディタ『Piapro Studio』も付属する[6]。ダウンロード販売のみ[6]。単独でのパッケージ版は発売されていないが、同年9月に『初音ミクV3』に『初音ミクV3 English』の音源を付属した『初音ミク V3 バンドル』が発売されている[6]。
    初音ミクでははじめてのVOCALOID3対応の音源であるが、企画はVOCALOID3の発表よりも以前から進められていたものである。2010年10月にクリプトン社長がFacebookの初音ミクコミュニティのフォロワーが39390人を超えたら英語版をリリースすると宣言し、その40日後に達成、開発が進められた[23]。当初はカタカナ英語的なものを目指しており、2011年7月にデモ音源の公開が行われたが、カタカナ英語は日本語となじむというメリットはあったものの反応は芳しくなく、方向性を転換、開発に2年かけ2013年8月の発売となった[6]。
初音ミクV3
    2013年9月26日に発売されたVOCALOID3版の日本語用音源5種類を収録したパッケージ。クリプトン自社開発のボーカルエディタ『Piapro Studio』も付属する[6]。『初音ミクV3 English』の音源を付属した『初音ミク V3 バンドル』も同時発売[6]。
    VOCALOID2版の『初音ミク』、『初音ミク・アペンド』用の音声素材に新録音を加えて制作されたVOCALOID3対応の音源で、初音ミクの元々のオリジナル初音ミクである「ORIGINAL」と、『初音ミク・アペンド』から「SWEET」「DARK」「SOFT」「SOLID」の4種類の計5種類の音源を収録している[24]。これまでの『初音ミク』、『初音ミク・アペンド』の声質イメージとの互換性を重視して開発されているという[25]。

2015/10/12 19:49 投稿者:

2015/11/12 10:37 投稿者:aaaaaaaaaaaaa

アアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア

2015/11/12 10:40 投稿者:

2015/24/12 07:27 投稿者:aaaaaaaaaaaaa

CMSimpeは、テンプレートファイルとCSSファイルのたったの2枚です。
必要となったら、ショッピングカートなどのシステムにそのデザインを流用しましょう。
何がなんでも1つのCMSで 動かす必要はありません

2015/24/12 09:54 投稿者:タロウ

<p><b>エエエエエエエエエエエエエ<br>CMSimpe</b>は、テンプレートファイルとCSSファイルのたったの2枚です。<br>必要となったら、<a href="http://oldnema.compsys.cz/demos/kidszone/" rel="nofollow">ショッピングカート</a>などのシステムにそのデザインを流用しましょう。<br>何がなんでも1つのCMSで <i>動かす必要</i>はありません</p>

<p><br></p>

2015/24/12 09:55 投稿者:タロウ3333

<p><b>アイアイア</b>イア<b><br>エエエエエエエエ<br>CMSimpe</b>は、テンプレートファイルとCSSファイルのたったの2枚です。<br>必要となったら、<a href="http://oldnema.compsys.cz/demos/kidszone/" rel="nofollow">ショッピングカート</a>などのシステムにそのデザインを流用しましょう。<br>何がなんでも1つのCMSで <i>動かす必要</i>はありません</p>

<p><br></p>

 

{{{Realblog_blog();}}}
 

{{{Realblog_archive();}}}

{{{Realblog_archive();}}}
 

{{{Realblog_blog(true);}}}

初音ミク

2015/12/08

音源
歌声の入力が可能なシーケンスソフトに用いられるピアノロール表示の例[注 1]。初音ミクのVOCALOID Editorは図のものと同様、ピアノロールの音符の中に歌詞を入力することで歌を表現する。
「VOCALOID」も参照

ボーカル音源ソフトとしての初音ミクは、2007年8月31日にVOCALOID2対応の最初の製品が発売され、その後2010年4月30日に表情付けの異なる6つの歌声を収録した拡張音源パック『初音ミク・アペンド(MIKU APPEND)』が、2013年8月31日に最新のVOCALOID3に対応した英語用の歌声を収録した『初音ミクV3 English』が発売された。2013年9月26日に日本語用の歌声5つを収録した『初音ミクV3』と、それに『初音ミクV3 English』の歌声も収録した『初音ミクV3バンドル』が発売された[6]。VOCALOID2版の製品はWindows専用で、『初音ミクV3 English』からはWindows/Macintoshの両対応となっている[6]。

CVシリーズでは、歌手ライブラリのベース音声に音楽業界関係者からの起用が順調にできなかったという事情や特徴ある声を求める狙いなどから[1][7]声優の音声を収録しており、初音ミクでは藤田咲が起用されている。クリプトンは、初音ミクを制作するに当たり約500人の声優の声を聴きこみVOCALOID2に適しかつかわいらしい声であることを基準に藤田を選んだという[7]。なお選定に当たっては演じてきたキャラクターのイメージの影響を受ける懸念から有名声優は避けられており[7]、藤田は当時とりたてて有名だったわけではなくむしろ初音ミクに声を提供したことで名が知られた[8]。藤田の声はVOCALOIDの仕組みとの相性が良いと言い[9]、初音ミクはVOCALOID製品の中でも扱いが容易な製品となっている[10]。音声には得意な曲のジャンルやテンポや音域(プロフィールを参照)が設定されているが、これらはあくまで目安であり、実際は非常に広い範囲で歌えるとしている[11][12]。ただし、他のVOCALOID製品同様、歌唱に特化した音声合成ソフトウェアであるため台詞を歌劇のように歌わせることは容易でも自然に「喋らせる」ことには対応していない[注 2]。

初音ミク
    2007年8月31日に最初に発売された音源は、当時最新バージョンの「VOCALOID2」エンジンを採用した初めての日本語用ソフトであり、新エンジンの採用によりそれまでのVOCALOIDシリーズと比べより自然な歌声が合成できた。発売直後より初音ミクにより作成された楽曲やキャラクターイメージを用いた動画がニコニコ動画をはじめとする動画投稿サイトに次々と投稿されたことで人気に火がつき、DTMソフトウェアとしては異例のヒット商品となった。DTMソフトウェアのジャンルでは年間1,000本売れれば大ヒットとされるが発売後2週間だけで3,500-4000本の売れ行きを見せた[14]。発売から3週間後にはサウンド関連ソフト内での1週間の販売シェア(BCNによる集計、楽器店やネット通販の売上げ数は含まれない)が30%を超え[15]、最も高い時期には60%以上を占めた[16]。体験版を収録した「DTMマガジン」(寺島情報企画)2007年11月号は通常より相当数を発行したにもかかわらず3日で完売したうえ、一時ネットオークションで高騰する事態となった[14]。その後、発売から約1年後の2008年9月までに累計で約4万2000本の売り上げを記録している[17]。なお、こうした売り上げには、実際の音楽製作に使用しないキャラクターのファンとしての購入者によるものも多くを占めるとされる[17]。
初音ミク・アペンド
    2010年4月に発売されたVOCALOID2版初音ミクの拡張音源。VOCALOID2版初音ミクのパッケージに収録されている音声ライブラリは1つであるが、『初音ミク・アペンド』では、それぞれ表情付けの異なる追加音声「Sweet」、「Dark」、「Soft」、「Light」、「Vivid」、「Solid」の6つのライブラリが提供され[注 3]、VOCALOID2対応の初音ミクのライブラリは、合計7種類が提供された[22]。なお、『初音ミク・アペンド』を使用するにはVOCALOID2版初音ミクがインストールされている必要があり、アペンドのみで使用することは出来ない[22]。
初音ミクV3 English
    2013年8月31日に発売されたVOCALOID3用の英語用音源[6]。Windows/Macintoshの両対応となった。クリプトン自社開発のボーカルエディタ『Piapro Studio』も付属する[6]。ダウンロード販売のみ[6]。単独でのパッケージ版は発売されていないが、同年9月に『初音ミクV3』に『初音ミクV3 English』の音源を付属した『初音ミク V3 バンドル』が発売されている[6]。
    初音ミクでははじめてのVOCALOID3対応の音源であるが、企画はVOCALOID3の発表よりも以前から進められていたものである。2010年10月にクリプトン社長がFacebookの初音ミクコミュニティのフォロワーが39390人を超えたら英語版をリリースすると宣言し、その40日後に達成、開発が進められた[23]。当初はカタカナ英語的なものを目指しており、2011年7月にデモ音源の公開が行われたが、カタカナ英語は日本語となじむというメリットはあったものの反応は芳しくなく、方向性を転換、開発に2年かけ2013年8月の発売となった[6]。
初音ミクV3
    2013年9月26日に発売されたVOCALOID3版の日本語用音源5種類を収録したパッケージ。クリプトン自社開発のボーカルエディタ『Piapro Studio』も付属する[6]。『初音ミクV3 English』の音源を付属した『初音ミク V3 バンドル』も同時発売[6]。
    VOCALOID2版の『初音ミク』、『初音ミク・アペンド』用の音声素材に新録音を加えて制作されたVOCALOID3対応の音源で、初音ミクの元々のオリジナル初音ミクである「ORIGINAL」と、『初音ミク・アペンド』から「SWEET」「DARK」「SOFT」「SOLID」の4種類の計5種類の音源を収録している[24]。これまでの『初音ミク』、『初音ミク・アペンド』の声質イメージとの互換性を重視して開発されているという[25]。

2015/10/12 19:49 投稿者:

2015/11/12 10:37 投稿者:aaaaaaaaaaaaa

アアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア

2015/11/12 10:40 投稿者:

2015/24/12 07:27 投稿者:aaaaaaaaaaaaa

CMSimpeは、テンプレートファイルとCSSファイルのたったの2枚です。
必要となったら、ショッピングカートなどのシステムにそのデザインを流用しましょう。
何がなんでも1つのCMSで 動かす必要はありません

2015/24/12 09:54 投稿者:タロウ

<p><b>エエエエエエエエエエエエエ<br>CMSimpe</b>は、テンプレートファイルとCSSファイルのたったの2枚です。<br>必要となったら、<a href="http://oldnema.compsys.cz/demos/kidszone/" rel="nofollow">ショッピングカート</a>などのシステムにそのデザインを流用しましょう。<br>何がなんでも1つのCMSで <i>動かす必要</i>はありません</p>

<p><br></p>

2015/24/12 09:55 投稿者:タロウ3333

<p><b>アイアイア</b>イア<b><br>エエエエエエエエ<br>CMSimpe</b>は、テンプレートファイルとCSSファイルのたったの2枚です。<br>必要となったら、<a href="http://oldnema.compsys.cz/demos/kidszone/" rel="nofollow">ショッピングカート</a>などのシステムにそのデザインを流用しましょう。<br>何がなんでも1つのCMSで <i>動かす必要</i>はありません</p>

<p><br></p>
 
 
{{{PLUGIN:realbloglink('realblogpage=WebLog');}}}